PonQクイズ過去問_2019年3月9日

3月クイズ過去問

 

2019年3月9日(土) 20時~ MC:べりある

賞品:株式会社市川製茶様 

『特撰ぐり茶』

 

PonQクイズ過去問 第一問

 

第一問.【賞品に関する特別問題】

ヒント:『トップページの文章』をチェック!

 

市川製茶が、ぐり茶の製造を始めたのはどこで何年から?

➀ 静岡県東部地区で大正9年

② 静岡県北部地区で大正8年

③ 静岡県東部地区で大正8年

 

A.③ 静岡県東部地区で大正8年

 

【賞品紹介】

摘みたてのやわらかい葉を使用し、茶葉の形状がグリグリと丸まった『ぐり茶』。煎茶よりも渋み・苦みが少なく、本来の甘み・コクを十分に楽しめます。

気になる方はこちら!

 

【ぐり茶の美味しい入れ方】

急須と湯飲みは小さめのものでOK。茶葉は茶さじ2杯くらいでお湯を沸騰させた後、80度まで冷まして、少しずつ入れる。1~2分蒸らして、最後の一滴まで注いで飲む。菓子との相性は抜群!

 

PonQクイズ過去問 第二問

 

第二問.佐賀県の名産品である磁器は次のうちどれ?

➀ さざえのつぼ焼

② もんじゃ焼

③ 有田焼

 

A.③ 有田焼

 

江戸時代、この陶器の積み出しが伊万里港(いまりこう)で行われていたことから、「伊万里」や「伊万里焼」とも呼ばれている。有田焼としては、明治以降に広く使用されるようになり、佐賀県の有田町とその周辺地域で作られている。

 

PonQクイズ過去問 第三問

 

第三問.家や建物の出入口のことを何という?

➀ 玄関

② 税関

③ 難関

 

A.➀ 玄関

 

前回の放送で特別に公開していた問題!

 

現在では、建物の出入口、または出入口の部分に作られた空間のことだが、本来は仏教用語。「玄関」とは「玄妙(げんみょう)の道に入る関門」という意味で、「悟りへの関門」なので元々、毎日出入りするところではなかった。

 

PonQクイズ過去問 第四問

 

第四問.夏目漱石の遺作となった小説のタイトルは何?

➀ 明暗

② 陰陽

③ 濃淡

 

A.➀ 明暗

 

夏目漱石は、日本の小説家であり、評論家でもあり、英文学者でもある作家。本名は、夏目 金之助(なつめ きんのすけ)という。「明暗」は夏目漱石の長編小説で、円満とはいえない夫婦関係を軸に、人間のエゴイズムを追った近代小説。漱石の小説の中では一番長い作品。

 

PonQクイズ過去問 第五問

 

第五問.一般的なウクレレにはられている弦の本数は何本?

➀ 3本

② 4本

③ 6本

 

A.② 4本

 

ポルトガルからの移民が持ち込んだ「ブラギーニャ」と呼ばれる楽器を起源としている。ウクレレという言葉はハワイ語で「飛び跳ねるノミ」という意味で、諸説あるが、小さな楽器の上で奏者の指が目まぐるしく動く様を表現したとも言われている。

 

PonQクイズ過去問 第六問

 

第六問.鎌倉幕府に将軍は何人いた?

➀ 9人

② 11人

③ 15人

 

A.➀ 9人

 

鎌倉幕府の将軍は、源頼朝から始まり、順に、源頼家(みなもとのよりいえ)、源実朝(みなもとのさねとも)、藤原頼経(ふじわらのよりつね)、藤原頼嗣(ふじわらのよりつぐ)、宗尊親王(むねたかしんのう)、惟康親王(これやすしんのう)、久明親王(ひさあきらしんのう)、守邦親王(もりくにしんのう)の9代まで続いた。

 

 

コメント